個人事業主で資金調達を行う方法を紹介【計画的に利用しよう】

個人事業主でも立派な事業者。資金を調達する必要がある場合があります。

ただ、個人事業主は会社組織に比べると資金調達をすることが難しいと言われています。

というのも個人事業主は株式会社をはじめとする会社組織に比べると開業することが、用紙を税務署に提出するだけで簡単だということと会社ではなく個人の信用をチェックされるので会社組織に比べると、お金を借りた際に返済する能力が少ないと思われてしまうのが通例です。

ただ、資金調達できないのかと言われるとそんなことはありません。
今回は個人事業主がすることのできる資金調達の方法とおすすめの資金調達の方法。注意点も合わせてご紹介していきます。

個人で事業を始めようと思っている方は是非参考にしてみてください。

【早速結論】個人事業主の資金調達は何がおすすめ?

まず資金調達をする上で大切なことは、「身の丈に合わないお金を借りないこと

返済する予定や能力がないのにお金を借りることはおすすめできません。中には、生活資金も量増しして借りる方もいますが、あくまで借金なので返済をしなくてはいけません。
リスクを増やさない観点で考えるのであればお金を借りること自体もおすすめできません。

と考えると、

返済する必要のないお金をもらう+自分の売り上げを現金化する

方法が一番安全です。返済する必要がありませんからね。

返済する必要のないお金をもらう方法としては国の助成金が挙げられます。時期やタイミングに条件によっても助成金はまちまちなのですが、

などで助成金の情報を発信しています。また、地方自治体の公式ページでも情報が流れているのでこまめにチェックしましょう。

また。「ファクタリング」という請求書を業者に買い取ってもらい振込日前に現金化する方法も存在します。

詳しくはこちらの記事で解説しているのでチェックしてみてください。

個人事業主OKのファクタリング業者おすすめ【うまく使ってホワイト経営】

個人事業主の資金調達方法

ここからは個人事業主ができる資金調達の方法をご紹介します。簡単に資金調達をする豊富から、時間はかかるものの低金利かつ多額の資金を調達できる方法まであるので順にご説明していきます。

国の助成金

先ほどもご説明した国や地方自治体の制度を利用した一部の金額を国が負担するという名目で企業に与えられる資金です。

様々な部門や地域で助成金を受けることができます。企業のみに適用されると思われがちなのですが、個人事業主にも適用される場合が多いのでチェックしてみることが大切。

でチェックできます。また、直接聞きに言っても教えてくれますね。

資金調達をしても返済不要なのが大きなメリットです。

日本政策金融公庫

https://www.jfc.go.jp/

日本政策金融公庫は政府が中小企業や個人事業主の資金調達の支援を目的に設立された期間で、財務省所管の制作金融機関です。

個人事業主や中小企業のための機関なので、銀行などの他の機関に断られてしまった場合でも積極的に融資をしてくれるなど、個人事業主になったばかりでも比較的簡単に資金を調達することができます。

中には、生活資金も含めて多めに融資してもらえたなんて声も・・・

ただ、デメリットとして必要書類が多かったり、手続きが複雑で融資にも少し時間がかかってしまうことがあります。

時間的に余裕のある方が融資を受けると良いですね。

金融機関からの借入

金融機関は資金調達をするのであれば真っ先に頭に浮かぶ場所ではないでしょうか?
取引がある銀行なら個人事業主でも資金調達が可能です。

融資の限度額も大きく、利息が低いので資金調達をする条件面ではとても良いのですが、その分審査が厳しく申し込んでからしっかりと審査をする関係もあり融資を受けることができる期間も長いです。

信用金庫・信用組合

https://www.shinkin.co.jp/

信用金庫や信用組合は地域ごとにある金融組合で、会員の出資により経営をしています。地域振興を目的としており、個人事業主や中小企業にも出資をしてくれます。

他の信用機関よりも融資を受けやすいことが大きなメリットです。ただ、金額的には金融期間よりも多くないので、多額の融資を受けたい場合は他の金融機関にした方が良いです。

ビジネスローン・カードローン

金利は高めなのですが、ほぼ確実に資金調達をすることができる方法です。最短で当日に融資を受けることが可能で、利用目的が曖昧でも借りることができます。

ただ金利が高く、多額の資金調達をして返済期間も長いとその分金利を多く払わなくてはいけないので時間に余裕のない方が資金調達をする以外は避けておいた方が良いです。

クラウドファンディング

クラウドファンディングは近年になって出始めた資金調達の方法です。企画を立てることでその企画に興味を持った方や応援したいと思った方が融資をしてくれるといった仕組みです。融資を受けた金額によってリターンを返す必要があります。

融資を受ける金額はそのクラウドファンディングのプラットフォームによって異なりますが、多額の資金調達をすることも可能です。

ただ、支援する人が「この企画になら支援してもいい」と思うような企画力が必要であり、企画力がない場合は予定している金額を集められなかったりする場合もあります。

ただ、融資を受けたお金はリターンという形でお金ではない別の形で返すのでお金自体を返済する必要はありません。

友人から借りる

機関的な場所から借りないので確実性で言えば確実な資金調達の方法になります。あなたとの関係性にもよって変わりますが、借りる金額も返済期間も割と幅を持たせることができますね。

ただ、返済が遅れてしまったりトラブルがおこると友人関係に亀裂が走ってしまいますし、たくさんの友人からお金を借りている場合などもあなたの人間性から疑われてしまう場合があるので細心の注意が必要です。

個人事業主の資金調達のタイミング

個人事業主が資金調達を行うタイミングとしては

  • 開業前
  • 開業後

の資金調達があります。それぞれのタイミングによっておすすめの資金調達の方法が違います。

開業前におすすめの資金調達

開業前におすすめの資金調達としては創業をするタイミングで使用できる資金調達をする方が良いです。

自治体の助成金」は、新規創業をする場合に返金をしなくてもよい助成金を使用することができるのでリスクなく資金調達をすることができます。ただ、金額としては小額になってしまいます。

少し多めの資金を調達したい場合は「日本政策金融公庫の新創業融資制度」がおすすめ。保証人なしで融資を受けることができます。担保もなしで融資を受けることができるので創業仕立てで保証人になってくれる人がいなくても、安心です。

ただ利率が高いのでしっかりとした返済計画が必要になります。

開業後におすすめの資金調達

開業後は信用もついてきて、資金も調達しやすくなります。
信用もついてくるということは融資を受けやすくなるので銀行、信用金庫から多額の融資を受けることもできます。金融機関からの融資は利率も低いのでおすすめです。

また、借金をするのがことに抵抗がある方は、ファクタリングを利用して請求書を買い取ってもらう方法がおすすめ。

請求書を買い取ってもらうだけなので担保や保証人も入りません。事業がうまく立ち入っておらず信用が少なくても使用をすることができます。

個人事業主が資金調達をしやすくなるポイント

個人事業主が資金調達の審査を通しやすくするためには、事業計画や事業内容をしっかりと作り込んで置くことが大切です。

どうしても会社組織に比べると信用が少なくなってしまうので、その代わりに細かい部分をしっかりと作り込んでおく必要があります。

融資を受ける際に事業計画についてしっかり話すことができるようにすることで信頼を掴み取ることが大切です。

返済滞納は絶対にしないようにしよう

気をつけておいていただきたいのが、資金を調達した後に返済を絶対に滞納しないこと。1度でも滞納をしてしまうと信用に傷がついてしまいますし、今後法人成りして資金調達をしたい場合にも滞納履歴のせいで融資を受けれなくなるなんてこともあります。

今後のことを考えても滞納は絶対にせずに身の丈に合わない資金調達は絶対にしないようにしましょう。

【まとめ】個人事業主の資金調達は計画的に行おう

個人事業主の資金調達は計画的に行うことが大切です。お金を使う計画を練ることも重要なのですがまずは支出面をしっかりとチェックしましょう。

そのあとで必要な資金を探し融資を受けることが大切。計画的に資金調達をして黒字経営を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です