個人事業主でブラックでも借りれる方法を紹介【脱闇金!】

ブラックリストに載ってるからお金を借りることができない。

個人事業主はただでさえお金が借りづらい状態なのに、ブラックリストに載ってしまったらもっとお金を借りにくくなってしまいます。

世の中には

「ブラックでも融資可能!」
「ブラック大歓迎!」

といった闇金まがいの広告をよく目にしますが、そもそも

ブラックリストに載っていてはお金を借りることはできません

ではブラックリストに載ってしまった個人事業主はどのようにお金を借りれば良いのでしょうか?

今回は、ブラックリストに載ってもお金を借りることができる方法をご紹介します。
といっても闇金や反社会勢力からお金を借りる以外のクリーンな方法でご紹介していきます。

そもそもブラックってどんな状態?

そもそもブラックってどんな状態なのでしょうか?ブラックリストに載ったイメージだと。

「〇〇さんはブラックだからお金は貸さないでください」

という通知が金融機関に通告されたり、

「ブラックリストに名前が載っている」

ように感じるかもしれませんが、そんなノートもなく条件もきっちりと決まっています。

具体的な条件としては

  • 61日以上3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるもの
  • 債務整理を行った場合
  • 携帯の分割払いが未払いだった場合
  • 奨学金の支払いに遅延があった場合

の4点です。

実はお金を借りていて返済が遅れている以外にも、携帯電話の分割払いや奨学金の支払いの延滞も条件に含まれています。
要はローンの支払いに滞納があるといけないわけですね。

実は

  • 住民税
  • 所得税
  • 国民年金
  • 健康保険
  • 家賃
  • 公共料金の支払い(光熱費、ガス代金)
  • NHK代金
  • 新聞代金
  • インターネット使用料(プロバイダー料金)

などの支払いはブラックリストの内容には含まれていません。
ただ、これらは滞納していても良いわけでなく、特に税金、国民健康保険の支払いを滞納すると銀行口座、車、給料、自宅の財産、不動産などを差し押さえられる可能性があり、

お金を借りる以前の問題になってしまうので注意が必要です。

個人事業主はそもそもブラックじゃなくてもお金を借りづらい

ご存知かのしれませんが個人事業主はブラックじゃなくてもお金を借りづらいです。
というのも会社という団体ではないですし、サラリーマンの方のように働いている会社の後ろ盾もないので「継続して稼ぎ続ける」ということが難しいと判断されてしまいます。

ある程度収益が出ている場合であれば法人成りするのが普通なので

個人事業主=お金を借りても返してもらえる可能性が低い

と思われてしまいます。

ブラックか確認する方法

融資やローンを断られたからといって「私はブラックだから・・・」と思っていませんか?
実は自分が本当にブラックかを確認する方があるんです。
それは

信用会社に登録情報を開示してもらう

ことです。
実は1000円ほどお金を払えば誰でも情報開示をしてもらうことができます。

信用会社は3種類あり主に分野によって分かれています。

CIC(クレジットカード)→https://www.cic.co.jp/mydata/index.html
JICC(消費者金融)→https://www.jicc.co.jp/kaiji/procedure/mobile/index.html
KSC(銀行・信用金庫)→https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/

ここのページで開示できるので、もし自分がブラックなのか気になる方は開示してみましょう。

このような情報が開示されて自分がブラックなのかブラックでないのかを知ることができます。

どれくらいでブラックが解除されるの?

ブラックになってしまっても実はある一定の期間をすぎると解除され、普通の人と同じようにお金を借りたり、クレジットカードを作ったりすることができます。

それは、ブラックになってしまった内容や先ほどご紹介した信用機関によっても期間が異なります。

まとめると、

ブラックリスト掲載条件 CIC JICC KSC
61日以上延滞 5年 1年 5年
3か月以上連続延滞 5年 5年 5年
強制解約 記載なし 5年 5年
債務整理(任意整理・特定調停・個人再生) 5年 5年 5年
自己破産 7年 5年 10年
代位弁済 記載なし 5年 5年

やはり、自己破産をしてしまうと社会的な信用を失ってしまい解除される期間が長くなってしまいます。

それ以外は5年のものが多いですね。
もしブラックリストに載ってしまっても5年すると解除されると覚えておきましょう。

ブラックリストに乗っていてもお金を借りる方法

ブラックリストに載ってしまったらお金を借りることはできないのでしょうか?

実はそんなことは全くなくお金を借りることが可能です。
ただ、ブラックリストに載って信頼を失っているためあなたの信用を担保にした融資を受ける

  • 金融機関
  • 信用金庫
  • 市町村

などからお金を借りる、融資をしてもらうことができません。

ですが別のものを担保にしてお金をもらう方法であればお金を借りることが可能です。

  • ファクタリング
  • 質屋

とあるので順にご紹介していきます。

ファクタリング

ファクタリングと聞くと「???」となってしまう方も多いかと思いますが、ファクタリングは

売掛債権(請求書)」を担保にお金を貸してもらう方法です。

何か事業をしていると、取引先に請求書を発行して振り込んでもらうわけですが、請求書を発行した瞬間に振り込んでもらうわけではなく、取引先会社の振込のタイミングで振り込んでもらいます。

なので

「早くお金が欲しいのに振込日は2ヶ月後・・・」

なんてことも起こってしまいます。ですがファクタリングを使用すれば、

請求書をファクタリング会社に買い取ってもらうことにより振込日よりも早く現金を受け取ることができます。

元の請求書のお金はファクタリング業者に振り込まれるのであなたはほぼ何もする必要がありません。

フリーナンス

公式サイトをチェックする

フリーナンスはフリーランスと個人事業主を支えてくれるお金と保険のサービスです。

請求書を買い取って即日に1万円〜1000万円まで現金化することができます。使えば使うほど手数料もお得になります。

またファクタリングサービスのみならず保険としても利用をすることができ、

  • 業務遂行中の事故
  • 仕事の結果の事故
  • 受託物の事故
  • 情報漏洩
  • 著作権侵害
  • 納品物の瑕疵

と言ったフリーランスや個人事業主であれば心配になる全てのことをカバーすることができます。

ここまでのサービスなのに無料で使用することができます。

もちろん登録も無料なので登録しない理由がありません。

スピード感 即日対応
手数料 3%~10%
審査 甘い
買取金額 30~3000万円

<口コミ>

即日払いとあんしん補償のおかげで、金額が大きい仕事を安心して受けることができるようになりました。実際に最近では、動画作成や展示会のブースデザインなど、金額の大きな案件も受注しています。今後は法人化も視野に入れていますが、法人化してからもぜひFREENANCEを利用したいと思います。

公式サイトより

無料登録をチェックする

アクセルファクター

公式サイトをチェックする

「企業を支えるセーフティーネット」を経営理念に、立ち上げて間もない会社の小口のファクタリングを専門におこなってくれる会社です。

立ち上げたばかりだと信用も少ないため、資金融資を受けづらいのですがアクセルファクターなら安心。

融資可能金額は30万円〜と個人事業主規模の売り上げでも親身になって受け付けてくれます。

審査も柔軟に対応してくれ審査通過率は93%と他社で断られえてしまった場合一度依頼する価値ありですね。税金の滞納があったりした場合やブラックリスト入りしている場合でも受け付けてくれます。

最低手数料は2%〜とファクタリング会社の手数料としては最安値クラスの手数料で安心して依頼をすることができ中小企業に特に優しいファクタリング会社です。

スピード感 即日対応
手数料 5%~20%
審査 甘い
買取金額 30~3000万円

<口コミ>

オフィスビルの内装工事をメインにしていますが、入金サイクルが長く資材購入や従業員3人への給料支払いで首が回らない状態でした。
まさに「入金が前倒しできれば…」と考えていたところ、同業者からの紹介でアクセルファクター様を利用しました。
取引先の信頼度を高く評価していただき、非常に安価な手数料で買取いただきました。
しばらくは自力運営でいけそうですが、また窮地の際は相談させてください。

公式サイトより

アクセルファクターに無料見積もりを依頼する

ビートレーディング

公式サイトをチェックする

個人事業主でも法人でも利用できるファクタリング会社です。月間400件以上・買取実績があり実績は抜群なので安心して依頼することができます。

必要書類さえあればすぐに本査定に取り掛かってくれ、最短で12時間とスピード感もあり、審査も迅速におこなってくれます。

すぐさま資金調達をしたい方におすすめのファクタリング会社です。

スピード感 12時間〜即日
手数料 2〜20%
審査 甘い
買取金額 30~3億円

<口コミ>

下請けへの支払いがあり、資金繰りに困っていたためファクタリングを利用しようと考えていました。しかし現場にいることが多く、なかなか会社に出向いて契約することが難しいため、利用会社が見つかりませんでした。ビートレーディングさんに相談したところ全国各地訪問してくれるとのことで即決で申し込みをしました。
今でも定期的に利用させてもらっていますが、担当の方も非常に丁寧な対応で好感がもてます。また、毎回訪問してくれるので業務に支障がなく助かっています。取引先にも金融機関にも知られずに資金調達ができたので、信用関係が崩れことなく、資金繰りが改善されました。ファクタリング以外の資金調達の相談にも乗ってくれるのでビートレーディングさんを利用して良かったと感じています。

公式サイトより

ビートレーディングに無料見積もりを依頼する

えんナビ

公式サイトをチェックする

24時間365日問い合わせをすることができます。細やかなサービスが売りで中小企業でも個人でみ柔軟に受け付けてくれます。

業界歴の長いスタッフが経営相談に乗ってくれるなど、資金面の健全化も測ることが可能です。

スピード感 即日
手数料 売掛債権による
審査 甘い
買取金額 30~5000万円

<口コミ>

今まで取引していた会社が連鎖倒産してしまいました。年間の売り上げの4分の1を取引していた会社のため、資金繰りに困ってしまい銀行に相談させてもらいました。

しかし急な資金繰りのため、どうしても3ヵ月は資金ショートする見込みとなってしまいました。そこでファクタリング会社である「えんナビ」に、ファクタリングの相談をし資金繰りをお願いしました。

さらに資金調達に関するさまざまな相談にものっていただきました。

その結果、会社は無理なく立て直すことができました

公式サイトより

えんナビに無料見積もりを依頼する

yup

公式サイトをチェックする

初期費用は無料で使用することができ、請求書の10%の手数料で利用することができます。

必要なのは請求書だけなので気軽に利用をすることができます。

また個人間の取引でも利用することができるので初めて取引をする個人のクライアントでも保険のために使用してみると良いですね。

スピード感 即日対応
手数料 10%
審査 甘い
買取金額 1万円〜

無料登録をしてみる

質屋

昔すぎるかもしれませんが、質屋もお金を借りる方法。
信用を担保にすることができないので、物を担保にするわけですね。

物を担保にするわけなので信用情報を調査されることもなくお金を借りることが可能です。
ただ、価値のある物でないとそれ相応のお金を借りることができません。

ブラックリストに入っていてお金を借りる注意点

ブラックリストに載ってしまったからといって一番借りてはいけないのは、

  • 闇金
  • 反社会勢力

からお金を借りることです。確かにお金は借りることができるかもしれませんが、法外な利子を請求されたりすることもあります。

また、近年ではSNSでお金を貸してくれるといった甘い話も流れてきますが、貸金法に違反する行為なので絶対に借りないようにしましょう。

金融庁もTwitter上で注意喚起をしているので気をつけましょう。

【まとめ】個人事業主がブラックリストに乗ってしまった場合はファクタリングでお金を借りよう

個人事業主がブラックリストに載ってしまったらお金を借りづらいのは事実です。
ただ、事業をする上でお金はどうしても必要な物。

そんな時はうまくサービスを使用してお金を調達しましょう。
特にファクタリングは、ブラックでも使用でき審査も通りやすいのでおすすめ。

資金の流れを綺麗にし、健全な経営を目指していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です